間違いだらけの酒常識 -epilogue-

■酒蔵紹介−竹鶴酒造(たけつるしゅぞう)

創業享保18(1733)年。
竹原市の重要伝統的建造物群保存地区(町並み保存地区)に位置する。
原料米はほとんどが広島県内産。農家と直接お付き合いして「雄町」という酒米を植えてもらう契約栽培(現在3地区6軒)も、1996(平成8)年から行なっている。
蔵内で1995(平成7)年にボーリングした井戸(深さ126m)から汲み上げた水(微アルカリ性軟水)を、洗米、仕込、割水など、酒に関わるところすべてに使用。
最近の酵母は使わず、古くからある6号、7号などの協会酵母で醸す。
商品構成は、無濾過純米原酒のみの「小笹原竹鶴」シリーズ、割水した純米酒の「清酒竹鶴」シリーズ、従来からの定番商品である純米「秘傅」、生酒「なまなま」など。
すべての商品が本醸造規格以上であるが、その中でも純米酒比率が年々増加している。
全国新酒鑑評会には、出品していない。

酒モアイ

酒モアイ


■杜氏紹介−石川達也(いしかわたつや)

1964(昭和39)年、広島県東広島市西条出身。早稲田大学第二文学部卒業。
大学在学中から埼玉県蓮田市の神亀酒造に押しかけ、四年ほど酒造りを学ぶ。
その後郷里に戻り、1994(平成6)酒造年度に竹鶴酒造の蔵へ入る。
1996(平成8)年酒造年度より杜氏を任され、現在に至る。
神亀の親方が越後杜氏であったため、越後杜氏仕込みの広島杜氏という変わり種。
伝統技術に込められた精神を見つめて発想した「放し飼いの酒造り」を標榜する。
ワインみたいでも、フルーティーでもない、酒らしい酒を造ることを志す。
2004(平成16)酒造年度より、生酛造りにも挑戦している。
生活信条「もの、特に食べものを粗末にしない」
ニックネーム「酒ゴジラ」「酒モアイ」

この記事の著作権は竹鶴酒造株式会社が保有しています
無断での転載・引用は厳にお断りします
Top